« 掃部山公園のサルノコシカケ | トップページ | ガード下に異変あり? »

2006.02.10

強運小泉

たまには政治の話でも、ざっくばらんに書いてみよう。

皇室典範の改正は先送りされることになったようである。
小生としてはちょっと安心した。というのは、おそらく小泉さんが意地を張り通したら大変なことになっていただろうことが予想されたからである。なにしろ意地っ張りだから、そして変人だから、ちょっとやそっとのことで折れることはないのだ。

骨抜き法案という言葉がある。ようは首相の顔を立てて法案は通すことは通すのだが、しかし、中身は修正に継ぐ修正で当初の法案とはまるで違うものになっている・・・ということらしい。
道路公団の時、新聞などに踊っていた言葉だと思う。

いわゆる抵抗勢力が改革をさせまいとして、そのような手法を使うようだ。
だったら、郵政民営化の時にもそうすればよかったのではあるまいか? 骨抜きの方法はいくらでもあったのではないのか? という気がするのであるが、おそらくは小泉さんそのものを引きずり降ろしたいという人たちがシビレを切らしてしまったのだろう、あるいは今なら小泉を倒せるという目算があったのかもしれない、けれども結果は周知のとおりである。

小生は小泉ファンである。
最近ようやく首相らしくなってきた・・・そう、実は首相になってからしばらくは、いや、しばらくどころではなく、ずっと小生は「この人は本当に首相なのだろうか?」という思いを懐いていたのである。
ようは、もっとも首相らしくない首相、それが小泉純一郎なのである。

今回の皇室典範改正断念について、いろいろの見方があるだろうけれども、小生は小泉首相の強運をまざまざと見た思いがする。

おそらく御懐妊のことがなかったならば、引くに引けなかっただろう。意地を通すしかなかったはずである。
閣僚の中でも有力者といわれる面々が早々に慎重論を唱えていた。それでもなお小泉さんは初志貫徹のつもりでいた。反対者が何人いようが信念を曲げない、それが小泉流である。
しかし、それはあくまで国民からの圧倒的な支持が背景にあっての話であり、国民からそっぽを向かれたらオシマイである。

どうも今回の場合は郵政民営化とは勝手が違ったようである。
見ていても雲行きが怪しいような気がした。慎重論が勢いを増していく様子が素人の小生にも感じられたのである。
女系と女性の違いも国民にはよくわからなかった。それがわかるようになってきて、だったら改正反対、という転向者も徐々に増えつつあったようでもある。

小泉さんは当然そうした流れなども敏感に察知していただろう、しかしプライドがある、特別の理由がない限り法案を引っ込めるわけには行かない。

そこに御懐妊というビックニュースが入ってきた。
これは改正案を見送るに充分の理由となる。ようは負けたことにはならないわけである。逆にここで意地を張り通せばそれこそ自滅の道をたどったことだろう。
今も皇室の御威光はあなどれないということでもある。

いずれにしても小泉さんは強運の人だと思う。

|

« 掃部山公園のサルノコシカケ | トップページ | ガード下に異変あり? »

コメント

ああ、これはどうもです。
ジーコと似てますかね? ひょっとして顔が似てるとか? いやいや冗談ですよ、失礼しました。

投稿: いしやまたくじ | 2006.02.11 18:09

確かに小泉さんは強運ですね。なんか、ジーコとも似てるような気がする

投稿: realplace | 2006.02.10 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強運小泉:

« 掃部山公園のサルノコシカケ | トップページ | ガード下に異変あり? »