« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.30

阪神ファンではないが・・・

153

別に小生は阪神ファンというわけではない。たまたま関内を歩いていて発見しただけのことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.29

消防水利?

152

うっかり書き忘れていたのだが、今月初旬に桜見物がてら、日の出湧水に寄り道したところ、様子が変わっていた。

配管を修理したのであろうか?

よく見ると、先っぽだけ新しくなっている。
消防用のホースをつなぐような形をしているので、おそらくは消火用に使うつもりなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.28

○○さんちのアヒル君?

151

個人情報の問題に抵触するといけないので、説明はしないことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.27

?田病院

150

廃業した病院ではない。現役バリバリの病院である。さりとて、それほど商売熱心とは思えない。ようするに、すでに地域に浸透している古い病院なので、看板があろうがなかろうがあまり関係ないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.26

紅葉坂のもみじ

149

一週間ほど前に、紅葉坂にはモミジがないみたいなことを書いたが、大ウソだった。

青少年センターの入口付近にはたくさん植わっている。
ただし、「もみじ」とは書かれておらず、「かえで科いろはかえで」となっていた。

ご覧のものは紅葉坂の上り口あたりにあるもの。
この季節、青々しているものもあれば、このように真っ赤に紅葉しているものもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.25

当ブログのゆくえ・・・

二日間、サボってしまった。

実はたまたま忙しくて時間的な余裕がなかったのだが、なんだかこれで緊張の糸が切れてしまったような気がしている。つまり、一気にやる気が失せてしまったような・・・

継続は力なり、というのはなるほど、こういうことなのかもしれない。サボり癖がついてしまうことの怖さ。不登校などもある日突然というケースよりも、次第に休みが多くなってきて、しまいにはまったく登校しなくなる、というケースのほうが多いのではあるまいか?

さて、当ブログのゆくえはどうなるものか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.22

野毛ちかみち

148

「野毛ちかみち」というのは近道と地下道を兼ねているわけだが、今さらながら、ネーミングの妙につくづく感心する。

今日は大道芸が行われている。
いうまでもなく野毛が本家であるが、どんどん規模が拡大していって今では横浜全体のイベントになっている。
だが今回は、三団体に分裂して行われるらしい。その意味はなんだろう。野毛には本家の自負がある。おそらくは「野毛大道芸」にこだわりがあるのだろう。その想いはよくわかる。

さて、桜木町駅の改札を出て、右に行くか左に行くか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.21

意味不明の寄贈品

147

関内にベイスターズ通りと呼ばれているところがある。

地図によれば、もともとは関内仲通というらしい。
その隣が現在、八重桜が見事に満開となっている関内桜道である。ただし特に桜道という呼び方が一般化しているようには感じられない。便宜的にそのような名前がついているだけではあるまいか?

さて、ベイスターズ通りには横浜ベイスターズの優勝モニュメントが飾ってあるわけだが、そのすぐ横にご覧のようなものがある。

しかし、これはなんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.20

掃部山公園のもみじ

146

掃部山公園の池のほとりには、もみじが何本か植わっている。ご覧のように今の季節は青々としていて、これはこれでキレイだと思う。

ところで紅葉と楓の違いがよくわからない。

それから近所に紅葉坂があるけど、そういえば紅葉を見たことがない。似たような例で、野毛の桜通りも桜がない。(全然ないわけではないが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.19

ブログの次に来るものは・・・

有隣堂本店の三階にパソコン関係の書籍を置く一画がある。たまに冷やかしに行くのだが、どうもひと頃にくらべるとホームページだとかブログの作成を教える手引書・・・ハウツー本とでもいうのだろうか・・・そういう本が少なくなったように感じている。

それこそひと頃はその手の本が山積みになっていたものである。

結局、ホームページはともかくも、ブログはあまりにも簡単すぎるのである。
ゆえに、わざわざお金を払って説明書を買おうなどとは誰も思わないに違いない。当然、売れ行きは芳しくないだろう。売れない本は置かないものである。

そんなこんなで、本屋さんの店頭を見ている限りでは、一時期ほどのブームは過ぎ去ったのだろうと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.18

三色揃い咲き

145

今日の神奈川新聞に、関内地区の八重桜が満開を迎えたことが報じられていた。

掃部山公園の八重桜もほぼ満開である。

ちなみに正面やや左ぎみに写っている黄緑色の花は、ウコンと呼ばれるものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.17

新山下湧水?

144

このところ新山下の話題が続いているが、今日もその続きである。

新開橋を海側から山側に渡ってどんどん突き進んでいくと、崖に突き当たる。そこに階段があって上っていくとやがて港の見える丘公園に出る。ちょうど霧笛橋の直下に出るようになっていて、新山下の子供たちはこの橋をくぐって小学校に通っているらしい。なかなか贅沢な話である。

さて、この階段の途中に、ご覧のような鉄製の扉がついている。洞窟のようであるが、のぞいてみるとそれほど奥行きがあるわけではない。横穴式住居であろうか?
しかし、穴の天井から水がポタポタ滴っていて、住環境がいいとはいえない。

おそらくは住居ではなく、水を取るために掘った穴ではなかろうか?
実際、この付近の崖の表面にも、水が出ているところがある。さすがに使えるレベルではないが・・・

また、この崖の延長線上に、わりと有名なワシン坂湧水がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.16

新開橋の耐用年数は?

143

ホームズの敷地から新開橋を望む。

この橋は昭和八年にできたものらしい。やけに薄っぺらな感じがするが、大丈夫なのだろうか?
この橋はけっこう大型トラックが頻繁に通っているのである。
ゆえに橋を架け替えることになったならば、もっと頑丈な構造になることだろう。

ちなみに橋の左側のマンション・・・かつてはここにセガ・ジョイポリスがあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.15

ホームズ全景

142

ホームズの全容である。

おそらくは横浜最大規模のホームセンターであろう。

小生の近所にはセキチューがある。
ゆえにわざわざよそに出掛けることもないのであるが、気分転換の意味もあって、車で行くことがある。コーナンにも行くし、ケーヨーデーツーにも行く。
基本的に駐車場が無料だからいいのだ。安心して何時間でも買い物に専念できる。もっとも大した買い物をするわけではないのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.14

新山下回想録

141

新山下のホームズにて発見。

おそらくこれはマック第四弾になると思うが、どうやらマックの人形は二種類しかないようである。

さて、ホームズというのはホームセンターの名前である。この隣にはオートウェーブという自動車用品店・・・言い方がわからないが、まあ、何とか通じるだろう・・・がある。
いずれも近年できた店舗であるが、新山下にはそれ以前にオートテックがあった。川というか運河の反対側、見晴トンネルのわきくらいのところにあった。けれども、オートウェーブができてからまもなく閉店してしまった。
また、セガ・ジョイポリスという遊戯施設・・・これも表現がわからない、アミューズメントパークとでもいうのか・・・が、かつてあった。これは十年くらいでやめてしまったのだと思う。

セガ・ジョイポリスの隣接地にはマクドナルドがあった。ジョイポリスがなくなってからも、マックはずっと営業していた。ドライブ・スルーがあって便利だったので、小生もずいぶん利用したものだった。実際のところ、けっこう繁盛していたと思う。
ところがそのマックもなくなってしまった。繁盛していたのに、どうしたものだろうか? どうも納得がいかなかった。

しばらくして、ホームズができた。はたして、そこにマックが復活したわけである。

ドライブ・スルーはないけれども、まあ、それは仕方がないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.13

ベンチの利用法・・・続編

140

何の変哲もないベンチである。

強いていえば、ベンチの脚の部分がご覧のように石というか岩になっているのがオシャレなのかもしれないが、実はこの写真は過去のもので、現在は少し様子が違っているのである。

気になる人は掃部山公園に行って確かめてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.12

掃部山公園に新設された水道

139

ひじょうにつまらない、どうでもいい写真である。

掃部山公園では花見が始まる少し前くらいまで工事が行われていた。何をやっていたかというと、柵を取り替えていた。しかし、それほど老朽化していたとも思えないし、ずいぶん無駄なことをしているように感じられた。

また、ご覧の水道が新設された。
子供の広場には以前から水道があるし、トイレもある。それから銅像の後ろにもトイレがある。もちろん水洗トイレである。ゆえに水もある。

それなのに、自由広場・・・すなわち銅像から一段下がった場所に今回、水道が新設されたのである。

税金の無駄遣いのような気がするのは小生だけであろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.11

まだ、しつこく桜の話題・・・

このところ掃部山公園の桜について、あれこれ書いてきたけれども、花見も終わったことだし、さて、これから何をテーマに書くべきか・・・

実はネタはまだあるのだ。

桜の花そのものについてはソメイヨシノ・シダレザクラ・ゴショザクラ(カワズザクラ?)を紹介した。だが、細かく見ていくと掃部山公園には十種類近くの桜があるのだ。
ヤマザクラ・オオシマザクラ・ヤエザクラ・センダイシダレ・ウコンなど、小生はもともと花に詳しいわけではないので、どれがどれだか自信がないけれども、明らかに種類の異なる桜が何本もあるのだ。
今、画像検索などを使って確認作業をしているので、もしかしたらこの先、紹介することができるかもしれない。

あっ、そうそう、センダイシダレというのは、仙台枝垂桜という表札があるので、間違いないだろう。
二本あって、ひとつは銅像の左脇というか向かって右側というか、トイレの前あたりに植わっている。もうひとつは子供の広場の柵の外側にある。
まだ若木のためか、あまり見栄えがしない桜である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.10

この看板が眼に入らぬか!

138

この写真は八日の早朝である。
毎日確認していたわけではないが、他の日も大同小異だったろうと思う。

看板には「花見をするみなさまへ」と題して何項目か書かれていて、そのいちばん最初に何と書いてあるかといえば、「ゴミは必ず持ち帰りましょう」である。

まったくどうしようもない。
なんとかならないものかと思うが、お酒が入ってしまうとダメなんだろうな、きっと。

三日のブログも参照されたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.09

横浜場所千秋楽?

137

横浜の桜も今日辺りが見納めである。

掃部山公園の場合、大雑把に見て、マイナス五分咲きくらいであろうか?
もっともそれはソメイヨシノに限った話であって、ご覧の枝垂桜は今日がほぼ満開である。他にもこれから本格的に咲き出す種類の桜がいくつかある。

だが、しかし、やはり春の到来を告げる意味ではソメイヨシノほどのインパクトはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.08

大岡川における桜見物のベストポジションは?

136

横浜の桜といえば、何といっても大岡川ぞいの桜並木である。

がしかし、どこもかしこも高い建物ができてしまって、風景写真としてはやや興ざめである。
昨日のランドマークタワー写真のように、別の意図がある場合は話が違ってくるが・・・

小生の知る限りでは一箇所だけ、ご覧のように建物や電線などの邪魔物がない場所がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.07

桜の季節に黄金橋よりランドマークタワーを望む

135

昨年の今ごろ、うぃすたりあ氏から、黄金橋からのロケーションがすばらしいことを教わっていたのだが、うっかり桜の季節を逃してしまっていた。

ようやく一年後の写真がこれである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.06

造花も悪くない?

134

掃部山公園の桜はまだ大丈夫である。

個人差・・・じゃなくて個体差があるから一概にはいえないが、平均するとマイナス八分咲きくらいではないかと思う。

ちなみにこれは造花である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.05

井伊直弼

133

昨年の写真と比べてどっちがいいだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.04

花の生命はけっこう長い?

132

昨朝の写真であるが、掃部山公園の桜はまだまだイケる感じである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.03

掃部山公園、宴の後

131

明鏡国語辞典によれば、

落花・・・花が散り落ちること。また、散り落ちた花。特に、桜の花にいう。

落花狼藉・・・①物が乱雑に散らばっていること。②女性などに乱暴を働くこと。◆花が地上に散り乱れている意から。

掃部守さまも、さぞや憤っておられることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.02

桜の仲間だとは思うが・・・

130

なんだろう、これは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.01

これは一昨日の写真だが・・・

129

今日あたり横浜の桜は満開である。

昨日の神奈川新聞の一面には、海軍道路の桜並木を上空から撮影したものが掲載されていた。

さすがにマネのできることではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »