2006.04.03

掃部山公園、宴の後

131

明鏡国語辞典によれば、

落花・・・花が散り落ちること。また、散り落ちた花。特に、桜の花にいう。

落花狼藉・・・①物が乱雑に散らばっていること。②女性などに乱暴を働くこと。◆花が地上に散り乱れている意から。

掃部守さまも、さぞや憤っておられることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.30

入れ子

いれ-こ【入れ子・入れ籠】〖名〗寸法のちがう同形の箱などを組み合わせ、大きなものに小さなものが順々に重なって収まるようにしたもの。また、そのような仕組みや構造であること。「―の重箱」

明鏡国語辞典から引用した。

日常生活の中で言葉を習得していく場合、経験的におぼえていくものであるから、辞書とは違ったイメージで捉えてしまっている言葉がけっこうあるはずだ。
また逆に、今までちゃんと辞書で調べたことはなかったけれども、調べてみたらほぼ自分のイメージどおりの説明だったということもある。

小生は入れ子をいわゆるIT用語だと思っていたので、わざわざ国語辞典で調べることをしていなかった。
今回、はじめて調べてみて、箱というのはわからなかったけれども、仕組みや構造という意味では自分のイメージどおりだったので一安心したものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.16

矜持

きょうじ【矜持】・・・自分の能力をすぐれたものとして抱く誇り。プライド。「聖職者としての―を持つ」「―を傷つけられる」▽「きんじ」は慣用読み。

昨日(さくじつ)、難読文字(なんどくもじ)のことに触(ふ)れたけれども、読(よ)みが難(むずか)しいわけではなくても、案外(あんがい)に間違(まちが)って読(よ)んでしまっている漢字(かんじ)が少(すく)なくないような気(き)がする。

これは読みづらい。

ウェブのばあい、ルビを入れるタグがないわけではないが、やや面倒である。それで漢字のすぐうしろにカッコで括って仮名を振ることが慣用的に行われている。
これは新聞紙面などでけっこう前から採用されている表記法でもある。

まあ、しかし、あくまで必要最小限、難読文字だけにしておかないと、ひじょうに読みづらいことになる。総ルビにしたら収拾がつかないだろう。

さて、前置きが長くなった。
ある日のこと、ウェブサイトをあちこち見て回っていて、ひじょうに偉そうな文章を書く人に行き当たった。で、その人はご丁寧にも適宜、難読文字に例の方法で仮名を振るわけである。この辺がいかにもイヤミである。そうした中で「矜持(きんじ)」というのがあった。小生はせせら笑った。へへへ、間違えてやがる、偉そうなこと書いているわりには読み方も知らねえのかよ、これは矜持(きょうじ)って読むんだぜ、コメント欄に書き込んだろか・・・などと内心でせせら笑っていたのである。小生も性格が悪い。

しかし、最初に掲げたように、明鏡国語辞典では矜持(きんじ)を慣用読みとして認めているのである。いや、まいった。これはまいった。知らなかった。
古い国語辞典にははっきりと「きんじはあやまり」と書いてあるのだ。小生はずっとそれを信じて生きてきた。それが裏切られたのである。
結局、言葉というのは時代とともに変化していく、意味の変遷もあれば読みの変遷もある、特に最近は微妙なイントネーションの変化がいちじるしい。若い人にそれを注意しようものなら、かえって時代遅れだと言われておしまいである。

それにしても国語辞典ではいつの段階でその読み方を認めるのだろうか?
あくまで「きんじはあやまり」と辞書が書き続けていれば、いつまでも「きんじはあやまり」なのではあるまいか?
つまり、辞書が若者や時代に迎合しないで、言葉をつねに規定し続けていれば、永遠に言葉は一定であるはずなのである。

しかし、こんなことを言っているようではダメだろうな。頭が固くなっている証拠である。

いずれにしてもコメント入れなくてよかった。恥をかくところだった。

むむむ、あの偉そうな文章のヤロウ、そこまで計算して仮名を振っていやがったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.14

一両日中

盤根錯節なんて、どのように使っていいものか、さっぱり見当がつかない。
まあ、盤根錯節たる状況・・・とでも使うのかもしれないが、ますます盤根錯節になりそうである。ようするに盤根錯節の意味がわからないのだから、その状況を説明するのに盤根錯節と言ってしまったら、盤根錯節にならざるを得ないのである。

???

自分で書いておきながら・・・さっぱりわからん。

明鏡国語辞典にはこうした言葉が豊富に掲載されていて勉強になるけれども、なぜに「一両日中」がないのだろうか?
「一両日」も「両日」も載っていない。
はっきり言って、これはミスであろう。「一両日中」というのは相当に使用頻度の高い言葉である。これを落とす理由は考えられない。

それとも不掲載にはそれなりの理由があるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.13

盤根錯節

ばんこんさくせつ【盤根錯節】・・・複雑に入り組んでいて処理や解決がむずかしい事柄。

使わね~よ、こんな言葉。どうやって使うんだよ、まったく。

しかし、一発で文字変換できたからなあ。
ちなみに、昨日の「反切」は文字変換できなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.12

反切

はんせつ【反切】・・・ある漢字の字音を表すのに、他の漢字二字の音を用いて示す方法。たとえば「東」の字音を「徳紅の切」のように表し、徳 tok の声母(=音の頭の子音) t と紅 hung の韻母(=音から声母を除いた部分) ung とを合わせた tung であることを示す。

???

わけわかんね~。

この説明でわかる人がどのくらいいるのだろうか?
もっともこれは明鏡に限った話ではなく、どこの辞書も大同小異であろうと思う。

反切を知りたければ、ネットで検索すればいい。懇切丁寧に説明してあるサイトが存在する。
しかし小生は、ちょっと開いてやめてしまった。ああ、めんどうくせえ、こんなこと知らなくても困りゃしねえ、ということである。

なお昨日、蛮カラについて知らなかったと書いたが、蛮カラという言葉は知っていたし、意味もそれなりに理解していたつもりである。
ようはハイカラに対応する言葉だとは気がつかなかった・・・という意味のつもりで書いたのである。

あとから読み直すと不適切な文章がたくさんある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.11

弊衣破帽とクラッシュデニム

小生の愛読書は明鏡国語辞典である。

半分は冗談であるが、半分は本当である。
ペーパーレスということで、本は買わないことにしている。近年はもっぱらネットの情報で間に合わせている。それでもたまには本が買いたくなる。この国語辞典もそのひとつだった。

へいいはぼう【弊衣破帽】・・・ぼろぼろの衣服と破れた帽子。特に、旧制高校生の好んだ蛮カラな服装をいう。

これは知らなかった。だいたい旧制高校などということもピンと来ない世代である。おそらくこの弊衣破帽は死語に近いであろう。若い人はほとんど聞いたことすらないに違いない。

この辞書の説明を読んで思ったのは、穴あきジーンズである。
まさに現代における弊衣破帽ではあるまいかと。
しかし、この穴あきジーンズという表現も時代遅れらしい。ファッション業界ではこれをクラッシュジーンズとかクラッシュデニムと呼ぶようなのである。つまり、当初は自分で穴を開けていたものであるが、今ではこうしたファッションが定着して、最初から穴の開いたジーンズとして売られているようなのである。

なんたることか!

小生は弊衣破帽の世代でもないし、クラッシュジーンズの世代でもない。さりとて手製の穴あきジーンズを穿いたこともないのである。

単にファッションに無頓着なだけのことかもしれないが・・・

ちなみに蛮カラというのはハイカラをもじった言葉なのだそうである。
これも知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.28

やさしい問題の解答

公園でハト・カモメ・猫などにえさをあたえないでください。

文法的には間違っていないようです。
あえてイチャモンをつけるとすると、なぜ猫をネコにしなかったのかですね。鳩・鴎・猫なら統一されていていいのですが、さすがに鴎は読みが難しい。であれば、ハト・カモメ・ネコで統一すべきだったと思います。

ひょっとして鳥類はカタカナ、獣類は漢字という決まりがあるのでしょうか?
しかし、犬や猫はいいとしてもライオンはどのように書くのかわかりません。虎だとか羆とか、荒い熊、あれ? 粗い熊だったかな? いや、洗い熊? う~ん、やっぱりアライグマには漢字表記は向かないようです。
もっとも普通の公園にそんな動物はいませんけどね。

それにしてもカモメというのは不自然な気がします。海辺の公園であれば、まだしも・・・いや、これは文章の問題ではありませんけど、この看板のあるところは海辺の公園ではありませんし、それに画像を見ればわかるように、もともと別の文字だったものをわざわざ消して書き直しているのです。これらのことが手伝って如何にも不自然な文章と感じたのでした。ゆえに、文法的には特に問題ない、というのが正解かと思います。

では、カモメの前は何だったかというと、カラスでした。
さすがにカラスにエサをやる人はあんまりいないんでしょうね。それで書き直したのだろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.27

やさしい問題

38

公園でハト・カモメ・
猫などにえさを
あたえないでください。

上掲の看板は確かに実在する看板ですが、如何にも不自然な文章です。よく見るとカモメの「モメ」あたりに修整を施した形跡があります。

さて、いったいこの文章のどこが不自然なのでしょうか?

解答期限は明日のこの時間までとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.26

難読文字

さて、問題です。

36

この最初の文字は何と読むのでしょうか?

読める方はコメント欄に解答を書き込んで下さい。
期限は無期限とします。

字が小さくて読めないなどと言い訳をする人がいるかもしれませんので、念のため拡大版を提示しておきます。

37 わかるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧