2005.06.20

二十四時間営業ではないコンビニ

みなとみらい地区の意外な事実という記事を前に書いた。

その中で、みなとみらい地区にはコンビニが十一店舗あるが八店舗は二十四時間営業ではない、と書いた。
しかし、間違っていた。
現在、コンビニは十二店舗あって、そのうち九店舗が二十四時間営業でないコンビニである。

意外な話であることに変わりはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.11

みなとみらい地区の意外な事実

「コンビニへ行こう」はコンビニをテーマにしているのと同時に、横浜の町・・・とりわけ伊勢町・西戸部町あたりを紹介するという構成になっている点が、まさしく横浜異色案内の面目躍如であると自分では思っている。

それはさておき、本文の中で「二十四時間営業でないコンビニをさがすのは至難の業」といって、唐突に能見台のコンビニを例に出した。
しかし、灯台下暗し、とはよく言ったものだ。じつは二十四時間営業でないコンビニが近所にあったのである。

みなとみらい地区にはコンビニが十一店舗ある。
驚くなかれ、なんとそのうちの八店舗が「二十四時間営業でないコンビニ」なのである。

まったくもって意外な事実である。

追記:続編をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.04

コンビニへ行こう

久々の更新である。
別に締め切りがあるわけではないが、最低でも月に一度は更新しないとダメだと思っているので、いまだ不十分ながら目をつぶって出すことにした。

何が不十分かというと、地図があまりにもヘボである。つくづくセンスがないと思う。
ただし、ヘボながら「最新版」だということは間違いない。
というのは、市販の地図などは案外いい加減である。あるいは商工地図というのだろうか、どこの町でも見かける企業や商店の名前だけを羅列した簡略な地図・・・これもけっこういい加減だったりする。何年も前につぶれて今は更地になっていたり、あるいはまったく別の建物になっていたりしても、昔の商店名が載っていたりすることがざらにある。
筆者の地図はヘボながらけっこう忠実に現在の町をあらわしているつもりである。(一部、工事業者などを省略した。)

今回のタイトルは、ありふれている。検索するといろいろヒットする。なんとコミックにもあるらしい。機会があったら読んでみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)